冷凍車の誕生と食文化

いろいろな積載量の冷凍トラックが販売されています。軽トラックの大きさから4トンロングウイングの冷凍車までいろいろとあります。業務内容に合わせて大きさを変更するといいと思います。中にはバンタイプの冷凍車もあります。生成食品を配送するだけではなく、氷柱のディスプレイなどを輸送もできる優れものです。
冷凍車のエンジンを切ったのと同時に冷凍装置の電源も停止しては意味がありません。このごろの冷凍車は本格的なモデルになると、冷凍用のサブ電源が車体とは別に設けられています。最新モデルではハイブリッドの蓄電源をエンジンオフ時のサブ電源に使っている冷凍車もあるほどです。
さまざまな温度の設定が可能な最新の冷凍車です。0℃も可能ですし最低でマイナス25℃くらいまで冷やせます。マイナス25℃くらいが必要な食品と言うと、冷凍の肉類や冷凍の魚、アイスなどです。マイナス25℃くらいまで下がるモデルを超低温冷凍車と一般的に言います。荷によってはマイナス25℃程度まで下げる必要はないです。

もちろん燃費効率がそれほど優れていない冷凍車です。普通のトラック、具体的にはいすゞの4トン車ならばだいたい7.4キロくらいです。ですが、冷凍車となってくると、燃費効率はそれ以上に悪くなってしまうのです。ただし、最近ではハイブリッドの冷凍車が開発されたので、燃費効率は少しは向上しました。
今までの冷凍車は、エンジンの駆動を利用しながら冷却をしていました。ですが、エンジンを停止すると冷凍装置も止まってしまったのです。現在も軽トラック型の冷凍車は基本的に一緒の構造です。しかしながら、最新型にはハイブリッド車なども出ており、エンジンストップ時にも予備電源で冷凍装置が動作するように設計されています。
コンテナの内側を氷点下状態にして食品などを配送できる冷凍車です。乗用車のクーラーと一緒に機能が荷台の中にも別に設けられています。走っている途中はもちろんですが、一部の車種ではトラックを停止させ、エンジンを停止したままでも、冷凍装置が外部電源で持続されるようになっています。

冷気を逃がさないように冷凍車のコンテナは厚い断熱素材が詰め込まれています。超低温冷凍車になると、荷台の断熱材は分厚さが10センチに及びます。プラスしてサブのバッテリー、冷凍機器など特別な装備が多いので、総重量も重く、燃費効率も悪いという弱点があります。
利用する用途別に冷凍車は選択しなければ駄目なのです。冷凍車のスペックは自動車メーカーやトラッくの大きさとかでも異なるために、ディーラーとかに用途を正確に言って、目的に最も見合ったものを購入して下さい。値段が安いからという理由で機能の良くない商品を選んでしまうと使えなくなることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*